ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ とにかくゴルフが好きでたまらない。 そんなゴルフ狂のゴルフ狂によるゴルフ狂のためのブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそも、そんな質問は、たとえばお巡りさんに「どうしても信号無視しないといけない時に、安全な無視の方法を教えて下さい」っていってるようなもんで、ま~なんていうか、答えのない質問っていう感じです。

しかし、その番組で教えていた人は、ちゃんと答えていました。その方法とは、「セットアップで手を前に突き出している人がいるけど、そうしてしまうと腕が前後自由に動いてとても安定しない、私の場合は両肘が体にくっ付くくらいの位置にセットアップしてます。つまり、もうこれ以上近くには寄らないほど近くに腕をセットすることで、ブレ難い体制をとっているので、私のショットは安定しているのです。皆さんも、そんなふうに、これ以上は無理っていう限界の位置を決めておくといいでしょう。」っていうことでした。つまり、腕をしっかり体にくっつけて動かないようにいつでも一定に位置からスタートすることで、練習せずに突然打っても、いつでもミスが出ない、っていうことっすか?っていう感じです。

毎度毎度レッスンものを見ると、ドーモ君よりも開いた口がふさがりません。このブログで紹介しているほとんど全てのパターンといってもいいのが、手が体に近すぎることによる弊害です。ほとんどの人は手が体に近すぎるセットアップを、これまでいくつご紹介したかわかりません。

手を前に出すと、手の位置が安定しないのでミスが出やすくなる、っていうことが事実だとすると、どうして、アメリカの多くのプロは手を前に出したセットアップをしているのでしょう?こんなことを聞くと、おそらく「彼らは練習量が多いので、それでも一定の位置を覚えていられるからいいんです」なんていう回答が返ってきそうですね。

でも、彼らは商売でやっているので、安定したスイングができるかどうかは死活問題です。より優れた安定感を求めるはずなので、それでは全く答えになっていませんよね?私としては、こういう人がこういうことをテレビで言って、「そうか、手はできるだけ体に近い方が安定するからいいんだ」なんて思ってスイングの迷宮に入ってしまう人を少しでも減らしたいと思うのですが、ブログで勝手に言ってるだけの人と、テレビで言ってる人だと、テレビの人の方が正しいに違いない、って思うのが普通だと思うので、自分で判断力や価値基準をもっている人にだけ理解されることになるのだろうと思います。

ところで、たまにこういうレッスンつっこみを書いていますが、テレビや雑誌などでレッスンしている人も、皆自分なりに良かれと思って、自分の知識を公表しているのだろうと思います。誰も、見ている人がヘタになった方がいい、なんて思ってはいないでしょう。だから、そういうことを言っている人を批判しているわけではなく、また、世の中、ありとあらゆる世界で間違いを言っている人というのは、昔も今も数限りなくいるので、やはり選択眼を養うしか防御策がないので、このブログも選択肢として考える人に選択していただけることを願いつつ、書いているわけです。

さて、はたしてどうしてその人は腕が体にくっ付くくらいグリップを体の近くにして打ったようが良い、安定する、って考えたのでしょうか?まずは、下の写真を見てください。


上の写真は右がその人で、左がベンホーガンです。どうしてホーガンを出したかというと、その人のグリップやダウンスイングが似ていたからです。ただし、似て非なるものであることは言うまでもありませんが、一般の人がみるとわからないと思います。

上の写真は、肩のラインからも、ほぼ目標後方から撮影されていることがわかります。ボヤけているのは、後方からの映像がとても小さかったからで、それを引き伸ばしたからです。ベン・ホーガンと比べると、かなり手が体に近いことがわかります。ドライバーではワングリップ以上、体から離して構えるのがセオリーですが、そのセオリーさえも無視ですね。多分、両肘は体にくっ付いているのでしょう、もちろんホーガンはくっ付いていません。


でもって、左の写真はトップの写真です、真後ろから撮影しているのに、斜め後ろから撮ったのか?って思えるほどクロスしています。とてもグリップの位置が低く、肩より低い位置で、とんでもなくクロスしています。この方、後方からの映像はなぜか小さな映像で、しかも高速シャッター撮影ではないブレブレ映像でした。でもなぜか正面からの写真は高速シャッターによるクッキリ映像で、画面いっぱいの大きさでした、だから、インパクト直後の映像もクッキリです。右の映像は真正面からの映像なのですが、皆さん右のインパクト直後の写真をどう思いますか?

トップの映像で、左手の甲が真っ直ぐ以上に伸ばされていますが、それでもフェースは開いていることからも、かなりのウィークグリップであることがわかります。そんでもって強度のクロス、更に更に、インパクト後のこのフェースの開きまくり、明らかに変則スイングです。

言うまでもなく、正しいスイングでは、インパクト直後のこの位置あたりだと、フェースは目標にほぼスクエアです。でも、この人の場合、こんなに開いているなんて異常ですよね?なぜ、こうなるのか?もしこれでボールが曲がらないとすれば、かなりインサイドアウトに振っている、ということになります。インパクトで突然開いたのなら、トウに当たったからですが、インパクト直前映像も開いていたので、それが原因ではないでしょう。そして、もし、インサイドイン軌道でこれほどフェースが開いていたとしたら、とんでもなくスライスするだろうと思われます。

さて、この人のトップはとんでもなくクロス、ということは、クラブが寝てインサイドから振り下ろされるのでしょう。強度なインサイドアウト軌道は、強烈なフックやチーピンを生み出します。それを避けるために、グリップを超ウィークにしてインパクトでフェースがスクエアに戻る前に必ず打てる状態を作り出したと思われます。

また、強度のクロスですから、もし、腕が少しでも浮き上がるとコントロールできなくなるのだろうと思われます。だから、腕が暴れないように固定したい、そういう気持ちがグリップを体に引き寄せるわけです。ここで紹介している多くのアマチュアの皆さんと同じミスをしているわけです。暴れるクラブを力でねじ伏せる、これも一種の暴力スイングといえるでしょう。ただし、この人はこのスイングからわかるように、この人也の正義感でレッスンしているのだろうと思われます。

当然、この方の場合、左手一本でドライバーを打つなんてありえないことでしょう。不可能です。また、ドライバーの直打ちも当然真っ直ぐなんて打てません。そういう歪みのあるスイングということがいえるのです。

ただ、初心者の人には、いくらスイングを見ても、そういうことがわからないのが辛いところです。だから、テレビでレッスンしている人のいうことなら信じてしまうと思います。初心者の場合、例えばタイガーやホーガンのトップの写真と上の鬼クロともいえるほどとってもクロスしている写真、とを比較して見せても、言われないと違いがわからないし、それがどれほどの意味を持つのかもわからないものなのです。そのあたりが、なんとも辛いところですが、なんとか少しでも無駄な苦労をしないように祈りたいところです。皆さんもこのブログでスイングを理解して、レッスンしている人がどうしてそう言うのか?理解できるようにしましょう。

スポンサーサイト
多くの方はフェースローテーションを右腕の内旋、

または左腕の外旋で行っています。

しかし、それでは再現性は全くありません。

あくまで結果として前腕がそう動かされるだけです。

そもそも、両肘は終始真下を

向いていなければいけません。

グリップせずに両手を離せば

両手のひらは終始上を向きます。
 
そのままの状態で振ればいいのです。

何も悩むことのない完璧な再現性です。

その状態では腕の旋回は困難です。

腕の旋回は腕ではなく他からの外圧で自然に行われます。 

意識的に腕で旋回しようとすると、肘は必ず少しでも横を向きます。


グリップしないで両掌を真上に向けて両肘が

体を擦るように振ってみてください。

今までのスイングが全然間違っていたことが分かるはずです。

これに右肘リードのスイングが加われば、

本物のスイングが見えてきます。

右肘リードが分かりにくいようですが、

ハーフウェイダウンまでは単に右肘だけを振り、

肘下は脱力で勝手について来ます。

これにより容易に「手首のタメ」ができるのです。

手首の力で作るのではありません。

肘下を使うからトップからコックを解く動きになるのです。
部屋錬でできます。腕を全く使わずに2つの方法でフェースを

正しく返す方法です。 体感方法ではなく、完全な実戦方法です。

プロの感覚が簡単に理解できて、身に着きますよ。保証します。

1、左膝伸ばし、頭逆行でフェースを正しく返す方法です。

スタンス肩幅で軽く前傾してサンドウェッジを普通にグリップします。

両手首、両腕の力を全く抜いて、両脇は軽く締めて、

両肘はあまり曲がらないようにして、

両肘の間隔を一定にしてくださいください。

要するに力を抜いて、軽く、胸と両腕で三角形を作ってください。

左右対称で良いです。

ここでは最初はボールポジションをスタンス真ん中と想定します。

シャフトを左右水平の間(ビジネスゾーン)で重力を利用して

腰を軽く使ってゆっくり左右に振り子のように振り続けます。

このときフェースのトゥーは両サイドで真上を向きます。

言い換えるとフェースが垂直に立っています。

右サイドでは右てのひらが体正面を向き、左側では

左掌が体正面を向く。いわゆるスクエアな状態です。

180度ローテーションするわけです。

両足5:5で真っ直ぐ立っていれば、

重心と軸は真ん中の脊椎、頭にあります。


紳士なゴルファーさん!
ファイト一発 ハッスル!  まいどっ!!


左右対象に振り続けると軸の前でフェースが

自然にスクエア、飛球線に対して直角になるのが分かります。

 ここで、ヘッドが軸、体の中心の前に来たときに

頭を飛球線後方に逆行させてください。

ちょうど軸をテコにしてヘッドと頭が逆に動かすのです。

するとヘッドの返りがより鮮明になるのが分かるはずです。

繰り返して頭を引くタイミングを変えてください。

引けば引くほど右側で早く返ります。

では逆にスウェイしてください。

ヘッドと一緒に頭を左へ移動してスウェイして下さい。

どうなりますか?

ヘッドは返りません。

非常に簡単に体感で来ます。

スウェイしたら絶対にヘッドは自然に返りません。

腕で返さないといけません。

できますか? 分からなかったらコメント下さい。

これで、いかにスウェイがまずいか体感できると思います。

スウェイしたら絶対に自然にはスライスは治りません。

球筋も調節が困難です。

これが、まさに根本療法です。対症療法ではありません。

頭を左足伸ばしで上体ごと飛球線後方に引くのです。

このタイミングでフェースは返ります。

この調整で普通のショットでも球筋も打ち分けられます。

少し早めに左膝伸ばして頭逆行すればドロー、遅ければフェード。

強く蹴ればフック、蹴らなければスライス。

分かるでしょうか?

頭が戻って上体がそっくり返っても

腰が入って、軸の腰椎が垂直、顎が真下、右肩下げなければ、

絶対に明治の大砲になりません。

これがプロのフェースローテーション管理です。

これであなたはスライスと永久におさらばです。

次回は、もうひとつのフェースの返し方です。

この2つができればローテーションは間違いなく上級者入りです。
 レッスン書を額面通りに受取るととんでもない事になります。

その典型がタイトルの「アプローチの距離感を振り幅で調節」です。

ファイト一発 クリック  宜しく御願いします。

アプローチでの技の肝はいかに飛ばさない様に

インパクトを強く出来るかが勝負です。

飛ばさないためには

強めにグリップ、

コンパクトなトップで、

インパクトで終わり、

コックは全くノーリリース、

少しでもリリースすると球足が伸びてしまいます。

決して僅かでもリリースさせないように右手首コックを

かなり強く維持します。

これでガツンと打っても飛ばなくなります。


もちろん全てのアプローチではありませんよ。

これは、まず、飛ばないアプローチの打ち方です。


これが出来ればスピンで止まる球が自在に打てるようになり、

距離感が身に着いてきます。

球の高低も調節できるようになります。

パターの距離感もこれで身につきます。

インパクトが自在になるのでアイアンも良くなります。

振り幅で調節していてはスピン調節など一生できません。

振り幅で調節しようと言う事は

自分の感覚を信用しないで、捨て去る事と同じです。

それでは本当のインパクトは生涯解りません。

振り幅で厳密な調節などできるはずがありません。

大方、大きく振りすぎてインパクトを緩めてスピンのない

だらだらとした球足のアプローチが関の山です。

それがチップインしやすい球だと言い訳しても

下りや、バンカー越えでは技量のなさを

たったの一発で露呈する羽目になります。

本物の距離感など決して得られません。

単に初心者相手のその場しのぎのレッスンを

真に受けては生涯上達はありえませんよ。
 殆どのアマの致命的欠陥。それは猫背です。

解決方法はアゴです。

どんなに軸を維持しようと努力しても肝心の軸が曲がっていては、

話になりません。

 簡単に直ります。



では、しりの穴から脳天まで真っ直ぐの

軸を作りましょう。

① お尻を今より後ろに突き出します。

殆どの人はかなり棒立ち過ぎます。

そして、ひざを軽く曲げ重心を低くしましょう。

② 胸を張りましょう。そして、背筋を伸ばし

脳天まで真っ直ぐな軸を意識しましょう。

しかし、息を吸い込んで止めて怒り肩になってはいけません。

呼吸法を身につければ、胸を張り、

かつ、力を抜ことが可能です。

③ 普通②までは書くまでもなく誰でも知ってますよね。

しかし、気が付かない最も肝心な事、

それはアゴを引くことです。

あごを引くこと自体は一般的なレッスンでもありますが、

皆不完全です。

 やってみると直ぐわかります。あごを引いて下さい。

頭が後ろに下がるのが解るでしょう。

これで、初めて頭が真っ直ぐ脊髄の真上に乗り、

しりの穴から脳天まで真っ直ぐな

軸が出来るのです。あごを引かなければ決して出来ません。


 あごを引くと頭と背骨の軸が真っ直ぐになるため、

ずれていた人ほど

まず、目線のずれが格段に減るのが解るはずです。

ニクラウスのチンバックは一般的にバックスイングの

挙げ易さばかりが指摘されますが、

それ以上にアドレスから既にアゴに意識を持つことが

非常に効果的なのです。

次に、あごを引く意識が重要な理由は、

ヘッドアップを抑える効果が大きいです。

アゴに意識がないと容易にヘッドアップしていたのが

嘘の様に抑えられます。

 そして、アゴを右下に引いてみてください。

右肩が下がらなくなります。

チンバックとはイメージが違いますよね。

スウェーを抑えたり、頭を残すイメージではなく、

単にアゴを軽く引くだけです。

力を入れる必要は全くありません。

今までの多くの苦労が、ただあごを引くだけで

殆ど解決するはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。