ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ とにかくゴルフが好きでたまらない。 そんなゴルフ狂のゴルフ狂によるゴルフ狂のためのブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多くの方はフェースローテーションを右腕の内旋、

または左腕の外旋で行っています。

しかし、それでは再現性は全くありません。

あくまで結果として前腕がそう動かされるだけです。

そもそも、両肘は終始真下を

向いていなければいけません。

グリップせずに両手を離せば

両手のひらは終始上を向きます。
 
そのままの状態で振ればいいのです。

何も悩むことのない完璧な再現性です。

その状態では腕の旋回は困難です。

腕の旋回は腕ではなく他からの外圧で自然に行われます。 

意識的に腕で旋回しようとすると、肘は必ず少しでも横を向きます。


グリップしないで両掌を真上に向けて両肘が

体を擦るように振ってみてください。

今までのスイングが全然間違っていたことが分かるはずです。

これに右肘リードのスイングが加われば、

本物のスイングが見えてきます。

右肘リードが分かりにくいようですが、

ハーフウェイダウンまでは単に右肘だけを振り、

肘下は脱力で勝手について来ます。

これにより容易に「手首のタメ」ができるのです。

手首の力で作るのではありません。

肘下を使うからトップからコックを解く動きになるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。