ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ とにかくゴルフが好きでたまらない。 そんなゴルフ狂のゴルフ狂によるゴルフ狂のためのブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 レッスン書を額面通りに受取るととんでもない事になります。

その典型がタイトルの「アプローチの距離感を振り幅で調節」です。

ファイト一発 クリック  宜しく御願いします。

アプローチでの技の肝はいかに飛ばさない様に

インパクトを強く出来るかが勝負です。

飛ばさないためには

強めにグリップ、

コンパクトなトップで、

インパクトで終わり、

コックは全くノーリリース、

少しでもリリースすると球足が伸びてしまいます。

決して僅かでもリリースさせないように右手首コックを

かなり強く維持します。

これでガツンと打っても飛ばなくなります。


もちろん全てのアプローチではありませんよ。

これは、まず、飛ばないアプローチの打ち方です。


これが出来ればスピンで止まる球が自在に打てるようになり、

距離感が身に着いてきます。

球の高低も調節できるようになります。

パターの距離感もこれで身につきます。

インパクトが自在になるのでアイアンも良くなります。

振り幅で調節していてはスピン調節など一生できません。

振り幅で調節しようと言う事は

自分の感覚を信用しないで、捨て去る事と同じです。

それでは本当のインパクトは生涯解りません。

振り幅で厳密な調節などできるはずがありません。

大方、大きく振りすぎてインパクトを緩めてスピンのない

だらだらとした球足のアプローチが関の山です。

それがチップインしやすい球だと言い訳しても

下りや、バンカー越えでは技量のなさを

たったの一発で露呈する羽目になります。

本物の距離感など決して得られません。

単に初心者相手のその場しのぎのレッスンを

真に受けては生涯上達はありえませんよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://golfmaniagolf.blog58.fc2.com/tb.php/7-ff154173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。