ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ とにかくゴルフが好きでたまらない。 そんなゴルフ狂のゴルフ狂によるゴルフ狂のためのブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋錬でできます。腕を全く使わずに2つの方法でフェースを

正しく返す方法です。 体感方法ではなく、完全な実戦方法です。

プロの感覚が簡単に理解できて、身に着きますよ。保証します。

1、左膝伸ばし、頭逆行でフェースを正しく返す方法です。

スタンス肩幅で軽く前傾してサンドウェッジを普通にグリップします。

両手首、両腕の力を全く抜いて、両脇は軽く締めて、

両肘はあまり曲がらないようにして、

両肘の間隔を一定にしてくださいください。

要するに力を抜いて、軽く、胸と両腕で三角形を作ってください。

左右対称で良いです。

ここでは最初はボールポジションをスタンス真ん中と想定します。

シャフトを左右水平の間(ビジネスゾーン)で重力を利用して

腰を軽く使ってゆっくり左右に振り子のように振り続けます。

このときフェースのトゥーは両サイドで真上を向きます。

言い換えるとフェースが垂直に立っています。

右サイドでは右てのひらが体正面を向き、左側では

左掌が体正面を向く。いわゆるスクエアな状態です。

180度ローテーションするわけです。

両足5:5で真っ直ぐ立っていれば、

重心と軸は真ん中の脊椎、頭にあります。


紳士なゴルファーさん!
ファイト一発 ハッスル!  まいどっ!!


左右対象に振り続けると軸の前でフェースが

自然にスクエア、飛球線に対して直角になるのが分かります。

 ここで、ヘッドが軸、体の中心の前に来たときに

頭を飛球線後方に逆行させてください。

ちょうど軸をテコにしてヘッドと頭が逆に動かすのです。

するとヘッドの返りがより鮮明になるのが分かるはずです。

繰り返して頭を引くタイミングを変えてください。

引けば引くほど右側で早く返ります。

では逆にスウェイしてください。

ヘッドと一緒に頭を左へ移動してスウェイして下さい。

どうなりますか?

ヘッドは返りません。

非常に簡単に体感で来ます。

スウェイしたら絶対にヘッドは自然に返りません。

腕で返さないといけません。

できますか? 分からなかったらコメント下さい。

これで、いかにスウェイがまずいか体感できると思います。

スウェイしたら絶対に自然にはスライスは治りません。

球筋も調節が困難です。

これが、まさに根本療法です。対症療法ではありません。

頭を左足伸ばしで上体ごと飛球線後方に引くのです。

このタイミングでフェースは返ります。

この調整で普通のショットでも球筋も打ち分けられます。

少し早めに左膝伸ばして頭逆行すればドロー、遅ければフェード。

強く蹴ればフック、蹴らなければスライス。

分かるでしょうか?

頭が戻って上体がそっくり返っても

腰が入って、軸の腰椎が垂直、顎が真下、右肩下げなければ、

絶対に明治の大砲になりません。

これがプロのフェースローテーション管理です。

これであなたはスライスと永久におさらばです。

次回は、もうひとつのフェースの返し方です。

この2つができればローテーションは間違いなく上級者入りです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://golfmaniagolf.blog58.fc2.com/tb.php/8-f4c764ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。