ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ とにかくゴルフが好きでたまらない。 そんなゴルフ狂のゴルフ狂によるゴルフ狂のためのブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 レッスン書を額面通りに受取るととんでもない事になります。

その典型がタイトルの「アプローチの距離感を振り幅で調節」です。

ファイト一発 クリック  宜しく御願いします。

アプローチでの技の肝はいかに飛ばさない様に

インパクトを強く出来るかが勝負です。

飛ばさないためには

強めにグリップ、

コンパクトなトップで、

インパクトで終わり、

コックは全くノーリリース、

少しでもリリースすると球足が伸びてしまいます。

決して僅かでもリリースさせないように右手首コックを

かなり強く維持します。

これでガツンと打っても飛ばなくなります。


もちろん全てのアプローチではありませんよ。

これは、まず、飛ばないアプローチの打ち方です。


これが出来ればスピンで止まる球が自在に打てるようになり、

距離感が身に着いてきます。

球の高低も調節できるようになります。

パターの距離感もこれで身につきます。

インパクトが自在になるのでアイアンも良くなります。

振り幅で調節していてはスピン調節など一生できません。

振り幅で調節しようと言う事は

自分の感覚を信用しないで、捨て去る事と同じです。

それでは本当のインパクトは生涯解りません。

振り幅で厳密な調節などできるはずがありません。

大方、大きく振りすぎてインパクトを緩めてスピンのない

だらだらとした球足のアプローチが関の山です。

それがチップインしやすい球だと言い訳しても

下りや、バンカー越えでは技量のなさを

たったの一発で露呈する羽目になります。

本物の距離感など決して得られません。

単に初心者相手のその場しのぎのレッスンを

真に受けては生涯上達はありえませんよ。
 殆どのアマの致命的欠陥。それは猫背です。

解決方法はアゴです。

どんなに軸を維持しようと努力しても肝心の軸が曲がっていては、

話になりません。

 簡単に直ります。



では、しりの穴から脳天まで真っ直ぐの

軸を作りましょう。

① お尻を今より後ろに突き出します。

殆どの人はかなり棒立ち過ぎます。

そして、ひざを軽く曲げ重心を低くしましょう。

② 胸を張りましょう。そして、背筋を伸ばし

脳天まで真っ直ぐな軸を意識しましょう。

しかし、息を吸い込んで止めて怒り肩になってはいけません。

呼吸法を身につければ、胸を張り、

かつ、力を抜ことが可能です。

③ 普通②までは書くまでもなく誰でも知ってますよね。

しかし、気が付かない最も肝心な事、

それはアゴを引くことです。

あごを引くこと自体は一般的なレッスンでもありますが、

皆不完全です。

 やってみると直ぐわかります。あごを引いて下さい。

頭が後ろに下がるのが解るでしょう。

これで、初めて頭が真っ直ぐ脊髄の真上に乗り、

しりの穴から脳天まで真っ直ぐな

軸が出来るのです。あごを引かなければ決して出来ません。


 あごを引くと頭と背骨の軸が真っ直ぐになるため、

ずれていた人ほど

まず、目線のずれが格段に減るのが解るはずです。

ニクラウスのチンバックは一般的にバックスイングの

挙げ易さばかりが指摘されますが、

それ以上にアドレスから既にアゴに意識を持つことが

非常に効果的なのです。

次に、あごを引く意識が重要な理由は、

ヘッドアップを抑える効果が大きいです。

アゴに意識がないと容易にヘッドアップしていたのが

嘘の様に抑えられます。

 そして、アゴを右下に引いてみてください。

右肩が下がらなくなります。

チンバックとはイメージが違いますよね。

スウェーを抑えたり、頭を残すイメージではなく、

単にアゴを軽く引くだけです。

力を入れる必要は全くありません。

今までの多くの苦労が、ただあごを引くだけで

殆ど解決するはずです。
頭は残すなとプロは言います。

当然、頭で体のスウェイが止まるはずはない。

しかし、インパクトまでは明らかに頭は残っています。

それは当然で、頂点の頭が動いていては、

そこにぶら下がっている肩、腕、またそのずっと先の

ヘッドの位置など打つたびにバラバラになるに決まっているから。

なにをさておき、まず、球と脳天の距離が一定でなければ

反復性など望むべくもありません。

 多くの人は、頭をインパクトまで激しく動かして、

インパクト後に一生懸命止めている。

順番が逆です。 




 頭を残すなとは、二つの意味があって、

頭で体のスウェイは止められないことと、

インパクト後はむしろ右肩の動きと連鎖して

かなり積極的に動かなければならない。

スウェイを止めるのは頭ではなく、

左足と左足股関節の役目なのです。


 次に、右肩が落ちる。プロでも大きなテーマです。

私は"球は 「目線」 で打て”と意識しています。

パターもドライバーも全てのショットで左右の目線を

常に意識します。

目線で弾道をイメージし、目線とともに打ちます。

 
 目線は非常に重要で体のバランスを決めているです。

目線を水平に保てば、頭も、肩も、体も真っ直ぐにバランスの

取れた自然体になります。

 右肩が落ちると言うことは、目線が傾いているのです。

もう一つの目安は 「あご」 です。

インパクトまでは頭が残るばかりなく、

目線が水平でなければいけません。

あごが真下をむいていなければならないのです。

この意識だけでショットは劇的に変わります。


 二クラスのチンバックはバックスイングで

肩を回しやすくするだけでなく、インパクトまで

あごを垂直に残す意識を持つ効果もあると思います。




 もう一つ、間単に劇的にスイングが改善する秘密があります。

プロも誰も言いません。誰も気が付かず、

殆どの人が陥っている致命的欠陥です。

簡単なのに誰も気が付きません。

そのうちに、書きます。
「良くレッスン書で右ヒジリードの方法を、

右ヒジを右腰にぶつけるように、

とか、右背中に降ろす位の意識で、

と書かれていますが出来ません。」


これを文字通り右腰にぶつけたら、

また無間地獄に突入ですよ!!やってるでしょ???


ファイト一発 クリック  宜しく御願いします。




谷プロの右ヒジはインパクトで 「逆くの字」 

で右ヒジリードになっていました。

もしも、ヒジを右腰でも右腹でも

本当に体にぶつけてしまったら、

ヒジが止まって、もしくは大きく減速して

右手首が先に出てしまいます。

すると、右ヒジ下部分の「右前腕」が体の前で、

自分から見て「 \ 」 (分かる?)

こういう角度になってしまいます。

この角度は再現性がありますか?

ないですよね。

昨日の男性アマ2人の腕と肩の形は5角形になってました。

上田桃子や片山晋吾がボールを両肘ではさんで

両肘の距離感を体に叩き込んで、

再現性の向上を図っています。

とてもボールをホールドできる形ではありません。



理想は自分から見て前腕部を体の右サイドで / こう入ってきて 

へそあたりまで | を維持したい意識で、

やっと再現性のある一定の前腕の角度が出来ます。

ですから、最初のレッスン書の正しい解釈としては

「アドレスで右腰にぶつけるようにヒジリードで降ろして、

降りてきたら、絶対に体にぶつからないように、

懐を広くして前腕部を自分から見てこの形 | で維持して

インパクトまで | この角度でスライドさせる感じです。

 自分から見て右から上腕がためて降りてきて、この形

(「右前腕の動き」フォロー) ← \||/  ← (トップから)


体前でスライド、フォローて感じです。 

これで分かるかな?



「右腰にぶつける感じで」

と言うのは、アドレスの状態だとぶつかるが、

実際にはインパクトの形では、腰が切れて

骨盤が左に移動して、右サイド懐が空くので

ぶつからないように避けているのです。

それでも、実際は脇、上腕は擦れてますね。

すれですからアンダーアーマーは擦れても

抵抗なく滑るので感動したのです!!

上田諭尉が半袖ポロで着てましたよね。
(メーカーは分かりませんが)

ですから右脇は閉めるどころか、

本当にアドレスの状態の右腰にぶつける様に

右ヒジリードで降ろしてきて、

ぶつかる前に十分避けて、

右ヒジを行かせるように

自分から見て前腕がこのような角度で

動いていく意識が必要です。

 ||/  ← (トップから)

ここで、今度問題になるのがタメようとすると

右肩が下がる問題です。

次回、説明します。
 きちんとインパクトでフェースをスクエアに戻せるならば、

多少でも開くのが正解だと思います。

トップで開いたフェースがそのままで戻せずインパクト

していまう人や、インパクトでのフェースの戻りに

ばらつきがある人は、閉じ気味のままであまり

開閉しない方が好結果にとなるでしょう。

 しかし、重心位置がシャフトの延長線上にない特性による、

ヘッドのシャフトを軸とする軸回転の慣性の力を考慮すると、

最初に閉じぎみの場合はインパクトまでは

スクエアのまま維持し易いです。

フォローでは軸回転の慣性の力を利用できないので

自然に閉じる力が働きません。

外部からヘッドに力を加えない限り、

そのままでは開きっぱなしになります。

なんらかの不自然な操作をしないとフェースは閉じません。

 ではスクエアにイパクトし、そのままスクエアに押したら

果たしてどうなるか、ボールは真っ直ぐ飛ぶのか?

うまくいっても擦り気味のストレート、

大方はスライスでしょう、それを嫌うと

不自然にこねる動きを誘発する。

力を抜くほどヘッドの軸回転の慣性は

スイング軌道に大きく影響し、

結果的にインパクト後のヘッドスピードにも影響 します。

 玉を捕まえる感覚とは何か? では、玉を捕まえる感覚を持って、

球筋を操作するためにはやはり開いたものを閉じる慣性

を利用しないと困難です。

腕の操作では一定にはできません。

 さらに、ヘッドの軸回転の慣性は球筋のみならず、

スイング全体のスピードを確実にアップさせます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。